• 一覧へ
  • 前の質問
  • 次の質問
死刑にしてもやむを得ない?
うーんと。
無実の罪の人を死刑にしてはいけないけれど、殺人事件を起こしたことが明らかで、犯人も認めている場合には、死刑にしてもやむを得ないんじゃないのかな?
そう簡単ではないと思うよ。
日本では、これまで4つの死刑確定事件について長い間裁判で争った後、無罪判決が出ているけれど、事件当初は「殺人事件を起こしたことが明らか」だとほとんどの人が思ったんだよ。
うーんと。
どうしてそんなことが起こるの?
マスコミは大きく報道するし、被害者のご遺族は必ず犯人を捕まえて欲しいと願うよね。 警察の人も熱心に捜査するわけだけれど、犯人の疑いのある人を逮捕して、密室の取調室で長い時間「おまえがやったんだろう」と責めているうち、嘘の自白をする場合がある。
裁判官も人間だし、神様ではないから、誤った裁判をすることがあるんだよ。
でも、みんなが見ている前で人を殺して、自白している犯人もいるでしょ!?
たしかに、そういう事件もあるよね。
でも、死刑という制度を残しておくと、仮に大部分は犯人であることがあきらかな事件であったとしても、 何件かについては必ず誤判の危険性が残ることになるんだ。

死刑の誤判にはかけがえのない命が奪われてしまうという意味で取り返しがつかないからこそ、死刑制度そのものをやめようという議論になるんだよ。
日本の場合、すでに4件も死刑確定者の誤判が明らかになっているんだ。
うーんと。
誤った裁判がいけないのはわかるけれど、裁判が間違えるのは死刑だけじゃないし、どんな刑罰だって取り返しがつかないんじゃないの?
実際に言い渡される身になってみたら、死刑と懲役の誤判は大違いだと思わないかい? 死刑の場合、命がなくなってしまうんだよ。
後で、無罪だったことがわかって遺族が刑事補償金をもらっても、どうすることもできないでしょう。
それは、そうだよねっ!
無実の罪で懲役になるのはもちろん嫌だけれど、死刑になるのは絶対に嫌!
 日本では、1983年から89年にかけて、4つの死刑確定事件について、 再審による無罪判決がなされています(免田事件・財田川事件・松山事件・島田事件)。

 死刑執行の恐怖に耐えながら辛抱強く繰り返し再審請求を行い、20年以上もの長い年月をかけてようやく無罪判決を勝ち取っていきました。
そして無実の罪(冤罪)の疑いがあるのはこの4件だけではなく、現在も再審請求中の名張毒ブドウ酒事件や、 既に死刑が執行されているものの冤罪の疑いがあるといわれている福岡事件や飯塚事件など、様々な事件があります。

 間違いなく犯人であることが明らかな事件ばかりではなく、必ず疑わしい事件が含まれていて、 裁判も人間のやることだから絶対ということはなく誤判がありえます。

 死刑の場合、間違って有罪にして死刑を執行してしまえば、取り返しのつかない事態となってしまいます。
誤判の危険性は、死刑の場合だけではありませんが、ほかの懲役や罰金の誤判と死刑の誤判では、かけがえのない生命が奪われてしまうことになるという点で違いが明らかでしょう。

「誤判という意味では死刑も懲役も同じだ」「誤判の危険性は死刑廃止の理由にならない」という人もいますが、 実際に言い渡される側の身になってみれば、死刑の誤判と懲役の誤判の違いは明らかだと思います。誤判が明らかになれば刑事補償金が出ますが、死刑が執行されてしまってから遺族に渡されたとしても、どうしようもないでしょう。

 死刑という制度を残しておくと、大部分は犯人であることがあきらかな事件であったとしても、 何件かについては必ず誤判の危険性が残ることになります。そして死刑の誤判はかけがえのない命が奪われてしまうという意味で取り返しがつきません。 だから死刑制度そのものをやめようという議論になるわけです。

★日弁連「死刑を考える」ホームページ

「死刑事件にえん罪はないのでしょうか?-えん罪と死刑」
http://www.nichibenren.or.jp/activity/criminal/deathpenalty/q12.html